様々な薄毛治療法

テレビCMで盛んに宣伝されているということもあって、最近は病院で薄毛治療をすることができるということも常識となりつつあります。

ただ皆様の中には、薄毛治療といっても具体的にどのようなことをしているのかよくわからないため、なかなか病院に足が向かない、という方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、現在実際に病院で行われている様々な薄毛治療法についてご紹介させていただきます。

現在病院で行われている薄毛治療の中でも最もポピュラーなのが、内服薬や外用薬を使用する治療法です。

AGAの原因は薄毛を進行させる男性ホルモンの存在なのですが、薄毛治療に使われる内服薬には、この男性ホルモンの生成を抑制する作用があります。

またミノキシジルという外用薬には、頭皮下の血行を促進して発毛を促進する作用があります。

薄毛治療においてはこの内服薬と外用薬を併用し、薄毛の進行を抑制しつつ新たな発毛を促していくというわけです。

薄毛治療の方法にはこのほかにも、発毛メソセラピーやHARG療法といった方法もあります。

この治療法は発毛を促進する効果がある薬剤を直接頭皮下に注入するというもので、ミノキシジルをはじめとする外用薬を使用する場合よりも、短い期間で治療効果を得ることができます。

さらに薄毛治療を行っているクリニックの中には、発毛レーザー治療やクリニックオリジナルの発毛促進カクテルを注入するといった治療を行っているところもあります。

また、薄毛治療の一環としてAGA遺伝子検査を受けることが出来るクリニックもあります。

この検査は治療を受ける人全ての人に必須のものではなく、あくまでもオプションとしてなのですが、より個人個人に適した治療を行う時に有効であると言えます。

このように薄毛治療は外用薬、内服薬、遺伝子検査等様々な角度から行われているのです。